2008年04月05日

*5APR 今日のWHALE SHARK*

今週2回目のぴかぴか(新しい)WHALE SHARKぴかぴか(新しい)です。

ジンベイザメ@

今日の出現ポイントは、
ぴかぴか(新しい)SOUTHWEST PINNNACLEぴかぴか(新しい)

透明度も20〜25mと絶好のコンディション黒ハート

大きさは3〜4mと小ぶりのBABYSHARKですが、
堂々と泳ぐ姿に圧巻です〜るんるん

ジンベイザメA
posted by タオ島マスター at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*タオ島ダイビングサイト SOUTHWEST PINNACLE*

タオ島から行く沖合いポイントの一つがここ↓↓

ぴかぴか(新しい)SOUTHWEST PINNACLEぴかぴか(新しい)

タオ島ダイビングサイト サウスウェストピナクル@

タオ島から南西に位置する隠れ根ってことで、この名前…
そのままじゃんどんっ(衝撃)
って感じですが、チュンポンピナクルと並んで、
タオ島周辺ではかわいいベストサイトかわいいとされていますぴかぴか(新しい)

東西に切り立った根が並ぶ、ダイナミックな景観で、
メインの根のトップは5〜7mくらいと非常に浅く、
一面がイソギンチャクで覆われ、ハナビラクマノミが乱舞する姿は
とーーーってもキュート揺れるハート
その他にも、カラフルなサンゴにすむスズメダイなど、
全体の景観は必見exclamation×2

タオ島ダイビングサイト サウスウェストピナクルA

根の周りは約25m、根から離れると35〜40mの砂地が続く
岩陰には、大きなハタが住み着き、
レオパードシャークの目撃情報もあるのです。
潮通しが良く、回遊魚や中型魚の群れが現れる確立の高いポイントるんるん

個人的には、いつもヨロイウオ狙いで行ってますグッド(上向き矢印)

【透明度】
10〜30m
【水深】
5〜25m
【流れ】
水面近くで中

【いつもいる魚】

オニカマス(バラクーダ)・ヨコシマサワラ・ツバメウオ(群れ)
・ギンガメアジ(群れ)・ワヌケヤッコ・ウツボ・アカマダラハタ
・クロホシフエダイ(群れ)ホシカイワリ・イケカツオ・ウメイロモドキ(群れ)
・ホソヒラアジ(群れ)・コバンアジ etc

【大物】
ジンベイザメ・リーフシャーク・レオパードシャーク 
posted by タオ島マスター at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

*今年3度目 頂きました*

今月に入り、目撃情報は出るものの、なかなか見ることが
出来なかった

ぴかぴか(新しい)WHALE SHARKぴかぴか(新しい)

P2150041.jpg

だけど今日はかなーーーりレアな状況。
出没ポイントは「GREEN ROCK

午前中のダイビング時から目撃情報はあり、しかも、
かなーーーり長い間、水中、水面とダイバーの目を楽しませて
くれたのです黒ハート

透明度も今日は15m以上、大きさ4m程のジンベイザメの悠々と
泳ぐ姿はほーーーんとに気持ちが良さそうぴかぴか(新しい)

流石に午後のダイビングは〜と言う気持ちと、期待の気持ち半々で
臨んだ午後のダイビング…
またしても「GREEN ROCK

なーーーんと居たのです!!!
ジンベイ様。

一体何時間いたのでしょうか??
今日ダイビングに参加した全員が見られたとってもレアな、
一日ツアーだったのですexclamation×2
posted by タオ島マスター at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

タオ島ダイビングサイト*Shark Island*

ぴかぴか(新しい)Shark Islandぴかぴか(新しい)【Red Rock】

タオ島の南、アオルック湾の南に浮かぶ大きな岩リゾート

shark island2.jpg

その形が水面に出たサメの背びれに似ていることから、
別名シャークアイランドとも呼ばれポイントexclamation×2

サムイ島側から、タオ島に渡ってくる時、まず目に入る、
小さな岩がここ↑↑
タオ島からダイビングボート船で約10分〜20分。

岩の北東側は、大きな岩が積み重なったような地形で、
潮によっては流れが強く、運が良いと、本当にサメや、
大型の回遊魚に出会う事ができるらしいるんるん

ちなみにまだワタシはまだ…

西側は浅く、枝サンゴの群生が一面に広がり、
沢山のコーラルフィッシュが乱舞する姿を楽しめるのですハートたち(複数ハート)

タオ島 シャークアイランド

透明度 10〜30M 水深 7〜25M

【いつもいる魚】
・オトヒメエビ・ヤッコエイ・ヤシャベラ・ギチベラ
・タレクチベラ・ハリセンボン・ブダイ・ツバメウオ
・ワヌケヤッコ・ロクセンヤッコ・アカハタ・ツキチョウチョウウオ
・タイワンカマス(群れ)・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)
・ゴマアイゴ(群れ)イバラカンザシの群生 etc

【大物】
サメ・カメ・バラクーダ
posted by タオ島マスター at 18:46| Comment(0) | TrackBack(1) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

タオ島ダイビングサイト*Chumpon Pinnacle*

タオ島の北西の沖合いに位置する巨大な隠れ根。
チュンポンに向かう途中にある、ピナクル(岩)なので、

ぴかぴか(新しい)Chumpom Pinnacleぴかぴか(新しい)

根のトップは水深15mほどで、そこから30〜40m位まで垂直に落ち込む、タオ島周辺でも人気の高いポイントかわいい

深場の水底や根の上には、1m50cmを超える大型のハタや、
少し根から離れた中層には、リーフシャーク
1mを超える大型のバラクーダ、ブラックフィンバラクーダの大群が
視界に入ってきますグッド(上向き矢印)

チュンポンピナクル

バラクーダの他にも、ギンガメアジ、ホソヒラアジの群れ、ツバメウオなど、魚影の濃い、見ごたえのあるポイントぴかぴか(新しい)

bat fish.jpg

潮通しもよく、セイルロックに並んで、サムイ島・タオ島周辺では
ジンベイザメの出現率がもっとも高いexclamation×2のです。

ジンベイザメ

透明度は15〜40m、水深は10〜40m。
根のトップに広がるイソギンチャクと、そこに住み数百を超える
ハナビラクマノミが乱舞する姿は圧巻ハートたち(複数ハート)

天候・海況によっては、波が立ちやすく、流れの発生する、
中級者以上のポイントリゾート

【いつもいる魚】
オニカマス(バラクーダ)・ヨコシマサワラ・ツバメウオ
・ギンガメアジ(群れ)
・ワヌケヤッコ・ウツボ・チャイロマルハタ・ツキチョウチョウウオ
・クロホシフエダイ(群れ)
・ソウシハギ・テンジクダツ・イケカツオ・ウメイロモドキ(群れ)
・ホソヒラアジ(群れ)
・コバンアジ etc

【大物】
ジンベイザメ・リーフシャーク・レオパードシャーク
posted by タオ島マスター at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ島ダイビングサイト*Green Rock*

タオ島の北西ナンユアン島の北西沿岸にある隠れ根が、この

ぴかぴか(新しい)Green Rockぴかぴか(新しい)

タワーのようにそびえる根のトップは、水深3mほどで、
そこから約20m位まで落ち込みますバッド(下向き矢印)

大きな岩が幾重にも積み重なって出来ているタワーなので、
スイムスルーダッシュ(走り出すさま)がいくつもあるので、
泳ぐのが大好き人なにとっては、かなり楽しめるポイントでは
ないでしょうかハートたち(複数ハート)

swim swim swim


岩の下や、中では、ネムリブカや大きなエイ、大型のハタなどが
身を隠すので、気をつけて見てみたいところ目
だけどこのグリーンロック…

岩の北側にあるトリガーフィッシュ【ゴマモンガラ】の
集団産卵場所があるのですがく〜(落胆した顔)

ダイビングマップに載り、注意を促すほどのものあせあせ(飛び散る汗)

ゴマモンガラ

ゴマモンガラは、産卵期にテリトリーに入ってきたモノを
威嚇するという習性があるのですが…

年間を通して水温の高いリゾートタオ島周辺のゴマモンガラは、
個々によって違い「産卵期」という、決まった時期がないのが、
またちょっと危ないところ…

毎回注意注意…どんっ(衝撃)

透明度は10〜25m、水深5〜20mですexclamation×2

【いつもいる魚】
ゴマモンガラ・ヤッコエイ・ヤシャベラ・ギチベラ
・タレクチベラ・ハリセンボン・ブダイ・ツバメウオ
・ワヌケヤッコ・ロクセンヤッコ・チャイロマルハタ
・ツキチョウチョウウオ・クロホシフエダイ(群れ)
・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)・ホソヒラアジ(群れ)
・コバンアジ etc

【大物】
カメ・リーフシャーク・マダラエイ
posted by タオ島マスター at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ島ダイビングサイト*White Rock*

タオ島から5分〜10分…船

ちょうどタオ島とナンユアン島の間にある隠れ根が、この

ぴかぴか(新しい)White Rockぴかぴか(新しい)


タワー状の根を中心に、大小様々のコーラルブロックが、
広範囲に点在するポイント。
このホワイトロック…海面から見ると、ちょうど岩の部分が
白く浮き出るように見られる事からその名前がつきましたexclamation×2

根のトップ付近には、小さな稚魚や、スズメダイが無数に群れ、
それを狙った大きなダツがやって来ますダッシュ(走り出すさま)

ホワイトロック 水面近く

ちょっと可愛そうもうやだ〜(悲しい顔)と思いつつも、ダツの捕食シーンは
迫力満点…爆弾
ブロックの下や隙間には、ヤッコエイやハタ、
ウツボなどが身を潜め、時々現れるコブシメの求愛ダンスムード??
は時間を忘れて見入ってしまう…

カメの現れる確立が高いポイントで、ジンベイザメを
ホワイトロックで見たるんるんという
証言もあるくらいの、隠れ大物ポイントなのですぴかぴか(新しい)

real tao.jpg

透明度は10〜25m、水深も10〜20m。
穏やかな、比較的安定したポイントの為、年間を通してダイビングが出来るポイントハートたち(複数ハート)

【いつもいる魚】
サラサハタ・ゴマモンガラ・ヤッコエイ・ヤシャベラ
・ギチベラ・タレクチベラ・ハリセンボン・ブダイ
・ツバメウオ・ギ・ワヌケヤッコ・ロクセンヤッコ
・アカハタ・ツキチョウチョウウオ・タイワンカマス(群れ)
・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)
・ゴマアイゴ(群れ)etc

【大物】
カメ・リーフシャーク
posted by タオ島マスター at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ島ダイビングサイト*Twins*

タオ島ダイビングポイント@で、紹介したジャパニーズガーデン
ナンユアン島のビーチを挟んだ丁度反対側にあるのが、

ぴかぴか(新しい)Twinsぴかぴか(新しい)


ナンユアン島の西側ビーチの沖に二つの岩が並ぶところから、
「ツインズ」という、サイト名が付けられました目

ブロックの周りには、色とりどりのコーラルフィッシュが、
群れ二つのブロックの間は砂地には、ゴマアイゴや、
大きなハマフエフキが通り抜けていきまするんるん

また、この砂地には、ギンガハゼを始め、
沢山の種類のハゼとテッポウエビの共生が見られるポイント。

黄色と黒のギンガハゼが一緒の巣にいる所を見られたら、
その日はラッキーなき分になるのですかわいい

テッポウエビが巣を作り、その横に佇むハゼの姿はとっても
ほほえましい!!!

また、Clown Fish…頭の部分がちょうど赤いことから、
トウアカクマノミと呼ばれるクマノミの住むイソギンチャクもあり、
そこにはいつも多くのダイバーが集まっているので注目目

トウアカクマノミ


透明度は10〜20m、流れのない穏やかな砂地の為、
講習などにもよく使われる人気のポイントexclamation×2

【いつもいる魚】

・ギンガハゼ・ゴマモンガラ・ヤッコエイ・ヤシャベラ
・ギチベラ・タレクチベラ
・ハリセンボン・ブダイ・ツバメウオ
・ワヌケヤッコ・ロクセンヤッコ
・チャイロマルハタ・ツキチョウチョウウオ
・タイワンカマス(群れ)
・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)
・ゴマアイゴ(群れ)・ゴマアイゴ etc


【大物】
カメ
posted by タオ島マスター at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

タオ島ダイビングポイント *Japanese Garden*

ナンユアン島

タオ島のすぐ横、ナンユアン島の東側のビーチ全体が
サンゴの畑のようなポイントになっていて
その様子が日本庭園にたとえてこの名がつきましたぴかぴか(新しい)

日本人のお客さんにそう言うと、「えッ??そう?」って
ちょっと困ってしまう反応だけど、欧米人の方は、
「OH〜グッド(上向き矢印)」とかなり名前の由来に反応してくれるのですあせあせ(飛び散る汗)

ブラックコーラルや、キャベツコーラルの群生の中にカラフルなコーラルフィッシュが乱舞しますexclamation×2
このコーラルを守ろうと、ナンユアン島に入る為に、

入島料を取る、缶・ペットボトルの持ち込み禁止、スノーケラーのフィンの使用などの制限

がもうけられています。

比較的水深も浅く、約3〜15m、流れは無く、
穏やかなポイントなので、体験ダイビング、
スノーケリングに最適なポイントるんるん

イバラカンザシ

ナンユアン島は、サムイ島・パンガン島からも日帰りのツアーが出る、タイ湾の中でも有名なリゾートアイランドなので、
このナンユアン島は一度は宿泊もしてみたい島リゾート

魚が人に慣れているので、パンを持っていると何百匹もの
コーラルフィッシュが寄ってくるポイントです!!

【いつもいる魚】

ヤッコエイ・ボラ・ヤシャベラ・ギチベラ・タレクチベラ
・ハリセンボン・ブダイ・ツバメウオ・ギ・ワヌケヤッコ
・ロクセンヤッコ・アカハタ・ツキチョウチョウウオ
タイワンカマス(群れ)・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)
・ゴマアイゴ(群れ)イバラカンザシの群生 etc

【大物】

カメ、チョウチョコショウダイ
posted by タオ島マスター at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タオ島ダイビングポイント *Japanese Garden*

ナンユアン島

タオ島のすぐ横、ナンユアン島の東側のビーチ全体が
サンゴの畑のようなポイントになっていて
その様子が日本庭園にたとえてこの名がつきましたぴかぴか(新しい)

日本人のお客さんにそう言うと、「えッ??そう?」って
ちょっと困ってしまう反応だけど、欧米人の方は、
「OH〜グッド(上向き矢印)」とかなり名前の由来に反応してくれるのですあせあせ(飛び散る汗)

ブラックコーラルや、キャベツコーラルの群生の中にカラフルなコーラルフィッシュが乱舞しますexclamation×2
このコーラルを守ろうと、ナンユアン島に入る為に、

入島料を取る、缶・ペットボトルの持ち込み禁止、スノーケラーのフィンの使用などの制限

がもうけられています。

比較的水深も浅く、約3〜15m、流れは無く、
穏やかなポイントなので、体験ダイビング、
スノーケリングに最適なポイントるんるん

イバラカンザシ

ナンユアン島は、サムイ島・パンガン島からも日帰りのツアーが出る、タイ湾の中でも有名なリゾートアイランドなので、
このナンユアン島は一度は宿泊もしてみたい島リゾート

魚が人に慣れているので、パンを持っていると何百匹もの
コーラルフィッシュが寄ってくるポイントです!!

【いつもいる魚】

ヤッコエイ・ボラ・ヤシャベラ・ギチベラ・タレクチベラ
・ハリセンボン・ブダイ・ツバメウオ・ギ・ワヌケヤッコ
・ロクセンヤッコ・アカハタ・ツキチョウチョウウオ
タイワンカマス(群れ)・テンジクダツ・ウメイロモドキ(群れ)
・ゴマアイゴ(群れ)イバラカンザシの群生 etc

【大物】

カメ、チョウチョコショウダイ
posted by タオ島マスター at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島ダイビングサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。