2011年02月15日

タオ島旅行、チェックポイント

1、日本を午前中に出発した場合、時間的に同日中にタオ島へ到着することはできません。
この場合、出発日はサムイ島か、バンコクに宿泊することになります。この場合、翌日、定期船の時間に合わせて、桟橋まで移動します。

2、サムイ島からタオ島までは、定期船を利用しますが、座席数が限られている為、満席になる日が珍しくありません。事前の予約をオススメします。特にタイの休日、祝日に当る日程は、事前予約が必須です。
サムイ島からタオ島への定期船(ロンプラヤ社)は1日2便、AM08:00 と PM12:30です。
定期船の所要は約2時間。

3、定期船と飛行機の乗り継ぎ時刻に注意が必要です。定期船の事前予約、サムイ島空港への送迎手配等は、現地サービスに依頼するのが確実です。

4、タオ島でダイビングをされる方は、帰りの飛行機搭乗時刻に注意が必要です。複数日に渡りダイビングをされた場合は、減圧症予防のため、飛行機搭乗までに、最低限18時間の休息が必要になります。
posted by タオ島マスター at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タオ島への行き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186061047

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。